たんぱく質分解酵素プロテアーゼを含む食べ物とは?

たんぱく質分解酵素は、プロテアーゼと呼び
細かく分類するとペプシダーゼ、フィシン、ブロメラインなど
様々な種類があります。
これら食物酵素は、たんぱく質を事前に消化してくれる
働きがあります。
例えば、酢豚にパイナップル、冷奴に生姜は
しょうがやパイナップルに
たんぱく質を分解する食物酵素が含まれているため、
このような組み合わせになっているのです。
肉料理
また、魚の西京焼き、生姜焼きや
肉をヨーグルトに漬けておくと、肉が軟らかくなったり
肉や魚に塩麹を漬けておくと柔らかくなったりするのは、
すべて、食物に含まれているたんぱく質分解酵素により
消化(分解)されているから柔らかくなるのです。

ゼリーを作る場合でも、たんぱく質分解酵素が働く果物があります。
パイナップルやキウイなどです。
これらは、ゼリーをゼラチンで固める場合、生のまま入れてしまうと、
ゼラチンが固まりません。これは、この果物が持つたんぱく質分解酵素により
ゼラチンを分解しているため、固まらないのです。
ですので、一度加熱したものを使用するのです。
加熱してしまえば、酵素は壊れてしまうので、ゼラチンが固まるというわけです。

たんぱく質分解酵素を持つ食べ物は?

果物

パイナップル、キウイ、マンゴー、パパイヤ、イチジク、メロン、梨、
南国系の果物、アボカド、など

特に強い酵素を持つのが、
パイナップル、キウイ、イチジクなどです。
パイナップル
薄く切ったハムの上に、カットしたパイナップルをのせておくと
ハムに穴が開きますし、
ゼラチンで固めたゼリーの上に、これらを乗せておくと、
ゼリーが液状になります。
また、パイナップルは、口の中にずっと含んでいると
口の中が荒れてしまいます。これは、パイナップルの持つ
ブロメラインという食物酵素が口の中を消化しているためと
言われています。
ちなみに、キウイはアクチニジンというたんぱく質分解酵素、
イチジクには、フィジンというたんぱく質分解酵素が含まれています。

野菜

しょうが、大根、タマネギ、セロリ、ピーマン、
パセリ、にんにく、パプリカ、など

しょうが、タマネギ、大根などは、すりおろして
肉に漬けておくと、肉が軟らかくなるのは有名ですね。
それだけ、食物酵素が強いということです。

その他

マイタケ、納豆、塩麹、味噌、ヨーグルト、など

食物酵素の注意点

酵素は、熱に弱く加熱すると壊れてしまいます。
ですので、市販で販売されている100%のジュースや
缶詰などは一度加熱されていますので、
酵素は壊れてしまっています。
食物酵素の力を借りたいのであれば、
生の食べ物を使用するようにしましょう。

おすすめ生酵素ランキング

 丸ごと熟成生酵素

初回限定で送料代の500円のみなので、30日分のサプリメント代は
実質無料で試せる生酵素サプリメントです。

特殊低温製法により高温を加えないため、生きた状態で体に取り入れることのできるお勧めのサプリメントです。




 まあるい旬生酵素

310種類もの旬の生酵素を使用しており、添加物が入っていないのも魅力的!!15日間の返金保証もついているため、自分に合うかわからないという人にもおすすめ!!

コメントを残す



CAPTCHA